「菌・ウイルス・悪臭・カビ・花粉」
光のチカラ で解決する

点灯と同時に自然発生する「光触媒」と「銀イオン」の2つのチカラが空間に広がり、有害細菌やウイルス、臭いの原因物質、カビ、花粉等を除去し、空間を清潔で、より安全なものにします。LED照明と同等の省エネ性能で寿命も40000時間以上のロングライフ。低コストで長期間の抗菌効果を実現する画期的なライトです。

よくある質問

新型のウィルス感染症への効果はどのようですか?
① 天井に複数、均一にアイセーブ抗菌蛍光灯が同時多発的に空気中に漂うウィルスのエアロゾルを吸着して捕らえ、光触媒が酸化・分解することで、極めて短時間でエアロゾルが減少して感染リスクが下がる
ーーーーーーーーーーーーーーー
② 銀イオンが発生して、空中に浮遊または壁や機器に付着したウィルスを除菌すると同時に、そこをコーティング効果で守る。また除菌後、元の銀の原子とゼータ電位による銀自体の除菌力により菌、ウィルスの増殖を抑制すると考えています。

アイセーブの照明に交換した場合、24時間連続点灯した方がいいでしょうか?
銀イオンはライトが消えた後でも効果が持続します。またライトが消えている状態でもアパタイトによる吸着効果は作用します。ですので24時間点灯としなくても通常の今まで通りの点灯時間で効果があります。

今使っているライトにカバーがついていますが、外した方が抗菌効果は高いのでしょうか?
できればカバーは外した方が効果はより高いです。
①カバーにより完全に密閉してしまう場合、光触媒は密閉カバーの中で起きる現象となります
②銀イオンは原子サイズなのでプラスティックカバーを透過して次第に出てくると考えています。

エビデンスが30㎝の距離でのものが多いですが、一般的な天井高でも同等の効果があると解釈しても宜しいでしょうか?
距離が離れていても時間が経ち銀イオンが到達すれば効果があります。また部屋の空気は暖かい空気は上昇して冷たい空気が下降するように絶えず対流を繰り返しており高天井につけられたアイセーブ照明の光触媒が空気を浄化することが可能です。

製品の効果はどの位の期間、持続するのか?
光触媒は製品が点灯する限り、半永久的です。銀イオンは、原子単位での消耗となりますが、全て消耗する前に製品寿命を迎えるという認識でおります。

人体や動植物への影響はあるか?
人体や動植物には無害です。数々の安全性証明のエビデンスが揃っています。

光の当たらない箇所への効果が有ると聞きました。
銀イオンは空間を回り込んで影になる部分に対しても効果を発揮しますので光の照射の当たらない面についても効果があります。

初期不良時は、交換対応はしていただけますか。
メーカー保証2年です。正しい使い方で不良が発生した場合は良品と交換させていただきます。詳しくは保証規定をご覧ください。

他に類似品がございますか?
アイセーブはCCFLのプロフェッショナル集団です。CCFL管、ミニインバーター等、技術を駆使して、本日ほぼ唯一のCCFLライト製造メーカーとして生産体制を確立しました。2011年ごろより除菌ができるCCFLライトの基礎的研究からスタートして過去に様々な国内企業へのOEM供給を行ってきた歴史があります。過去のOEM名(eSave、アイナ、ピリカ、デオライト、ディライト等)ネット検索で見られる場合がございます。他にも弊社の製品の模倣した類似商品がございますが、こちらの製品は、当社の製品とは一切関係はございません。ライト製品の質・除菌効果などを比較してご精査いただけますようお願いします。

アイセーブ抗菌CCFLのパンフレットのダウンロード

アイセーブ抗菌CCFLライトの最新4Pパンフレットを公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ
MENU
PAGE TOP