お知らせ

INFORMATION

2022.06.17

お知らせ

プレスリリース:カボチャとトマトのカビ試験報告書_テクノサイエンス_21070721

この度、2022年3月18日付報告書:株式会社テクノサイエンスでのアイセーブ抗菌 CCFL 照明 による野菜の鮮度保持 評価試験(実施日:2022年1月28日~2月18日)におきまして以下の試験結果を得ましたので報告いたします。

詳しく見る>

2022.05.20

お知らせ

aiSave トマトの腐敗比較試験 賞味期限の延長に成功

アイセーブ抗菌CCFLライトを使ったトマトの腐敗比較試験です。微生物の増殖を防いで腐敗を防止、食品の賞味期限を延長できます。

詳しく見る>

2022.05.20

お知らせ

aiSave クローゼット内の菌数減少ATP試験

aiSave抗菌CCFLライトを使用して、洋服クローゼット内の菌数の減少をATP拭き取り試験を通じて可視化しました。

詳しく見る>

2022.05.18

お知らせ

第69回日本実験動物学会総会に出展

2022年5月18日~20日まで仙台国際センターで開催中の日本実験動物学会総会にアイセーブを展示させていただいております。実験動物を用いた生命科学・医学研究において、アイセーブ抗菌ライトの除菌がお役に立てるよう実機を展示、過去の試験報告を発表させていただいております。
※出展協力:サンワテクノス株式会社様

詳しく見る>

2021.12.14

お知らせ

安全性について

光触媒製品の原料である酸化チタンの使用用途は広く、塗料、化粧品はもとより食品添加物(289 番)として食品にも多く使用されています。食品にはアイスクリーム、ホワイトチョコレート、ガムなどに着色料として使用されている他、歯磨き粉や化粧品などにも使用されています。いわゆる重金属と異なり、体内に入っても蓄積されることがありません。 また、毒性やアレルギーなどの報告もなく、100%無害であると言われています。光触媒製品に使用されている酸化チタンは殆どがナノマテリアルに該当します。ナノマテリアルである光触媒酸化チタンは、その粒子径が小さいため、人への健康影響が生じるのではないかと懸念する指摘がありますが、これまでのところ、日常の使用下で人の健康、環境に対し悪影響 を及ぼしたのとの報告は聞いておりません。尚、光触媒認証製品の安全性評価については、急性経口毒性、皮膚一次刺激性、変異原性、皮膚感作性など工業会のルールに従って、製品ごとに確認されています。人間で分解されるものは、唯一アカ(皮膚老化物)のみであることが医学界では検証済みで、人間が触れても全く無害です。

詳しく見る>

2021.12.08

お知らせ

『新型アイセーブLED+CCFLハイブリッドベースライト』調光調色機能」を出展

2021年12月8日(水)から東京ビッグサイトにて『新ものづくり新サービス展』が開催されます。
弊社は『新型アイセーブLED+CCFLハイブリッドベースライト』調光調色機能」を出展しますので、お知らせします。

詳しく見る>

2021.12.01

お知らせ

新ものづくり・新サービス展 注目の出展者に選ばれました。

ものづくり補助事業展示商談会「中小企業 新ものづくり・新サービス展」中小企業 新ものづくり・新サービス展

詳しく見る>

2021.12.01

お知らせ

学校法人 成田山教育財団 成田高等学校・附属中学校に導入

この度、学校法人 成田山教育財団 成田高等学校 並びに 成田高等学校附属中学校 様にアイセーブ抗菌CCFLライトをご採用いただきました。ありがとうございました。

詳しく見る>

2021.11.14

お知らせ

光触媒の特長

※本ページは光触媒の特長を説明しており、本製品全体を機能を表すわけではありません。

詳しく見る>