資料提供:株式会社富士通研究所

酸化チタンTio2の光触媒機能

酸化チタンはその名の通りチタンの酸化物で、光電効果(光の照射で電気的な作用が発生する)を持つ金属酸化物の一種です。 酸化チタンの有用な機能の一つとして「光触媒(1972年、東京大学の本田教授と藤嶋教授が発見したホンダ・フジシマ効果」があります。酸化チタンが光を吸収する事により光触媒反応が起こり、そこから作りだされる「活性酸素」の強力な酸化力が、有害有機物を中心とした化学結合を破壊して、細菌やカビなどの微生物に対して大きな威力を発揮して、水と二酸化炭素等に分解します。

光触媒の機能性

光触媒チタンアパタイトの特長

東京大学先端科学技術研究センターと富士通が共同開発した新しい光触媒でヒドロキシアパタイトの有機物を特異的に吸着する機能と酸化チタン(光触媒)のように、吸着した有機物を水と二酸化炭素にまで完全に酸化分解する機能を併せ持つチタンドープカルシウムヒドロキシアパタイトです。

チタンアパタイト特長

6段階臭気強度表示法による官能テスト

臭気テスト

アレルゲン物質の分解試験テスト

花粉の分解

インフルエンザウイルスの分解試験結果

ウイルステスト

抗菌などの公的機関における実証

エビデンス

アイセーブ抗菌CCFLへの光触媒の応用

蛍光灯の表面積アイセーブ抗菌CCFLライトの直管40W形蛍光ランプの表面積はA3用紙(1200平方センチメートル)とほぼ同じ面積があります。その面積に光触媒反応が起きており、有害菌やウイルス、臭いの粒子、花粉などを吸着して、水と二酸化炭素にまで分解してしまいます。

蛍光灯が並んだ写真

蛍光灯というのは部屋の天井に均一に多数、並んでいます。天井付近にA3用紙の大きさの塩素の3倍の殺菌。分解力をもった光触媒の蛍光灯がたくさん並んで、空間を効率的に綺麗にしていくことができます。

セルフクリーニング

セルフクリーニング機能がありランプ表面に付着した有機物の汚れはすべて短時間で分解してしまいます。畜産業の糞尿やオイルミストなどが付着しても次第に綺麗になり、ずっとノーメンテナンスを実現します。

 

アイセーブ抗菌CCFLのパンフレットのダウンロード

アイセーブ抗菌CCFLライトの最新4Pパンフレットを公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ