除菌メカニズム

MECHANISM

aiSave 5つの特徴

feature

1

                               

人体への安全性に優れた光触媒と銀イオンのパワー

2

照明1台で広い効果範囲を持つ

3

メンテナンスなしで長期間、低コストで利用できる

4

耐性菌を作りにくく、変異型ウィルスにも対応

5

コーティング効果で菌が繁殖しにくい空間に!

aiSave 働きのイメージ

function

照明を点灯するだけで抗ウィルス・除菌・消臭・防カビ・花粉対策

ライトに当たる菌・ウイルス
花粉・悪臭・カビを吸着して捕獲

遠く離れた650種類の
有害菌やウイルスに飛んでいく

                       

光源は冷陰極管(CCFL : Cold Cathode Fluorescent Lamp)という蛍光灯の種類です。このアイセーブは、LEDと同等の省エネ性能と、長寿命50000時間の優れた省エネ・長寿命のライトです。点灯すると光触媒と銀イオン(Ag+)の働きで「細菌、ウイルス、カビ、悪臭、花粉、汚れ・揮発性有機化合物等」を減少させる画期的なライトです。

<東京大学と富士通の特許>
CCFLの光+チタンアパタイト

光触媒

浮遊する有害菌・ウイルス・悪臭
カビ胞子・花粉アレルゲン・PM2.5
揮発性有機化合物をアパタイトが吸着

ライト表面に光触媒による
強烈な活性酸素OHラジカルが発生

空気の対流で浮遊している
有害物質をチタンアパタイト
の吸着力で引っ付ける

                                       
消灯時にも菌を吸着

光触媒力ですべての有機物を
水と二酸化炭素にまで分解して
清浄にします                                    

光触媒は半永久的
                           

直管40WはA3用紙の表面積、天井に均一にたくさん設置され、同時多発的に働く

                           

アイセーブCCFL抗菌ライトに含まれる若干の紫外線波長とチタンアパタイト(東京大学先端科学技術研究センターと富士通が開発)が光触媒反応を起こします。するとライト表面上に強力な酸化還元反応が起こり e- (電子)と h+(正孔)が生じて、空気中の O2 (酸素) と e- (電子)がスーパーオキサイド (O2-)を、 H2O (水) と h+ (正孔)がヒドロキシラジカル (-OH) という2つの強力な活性酸素を発生させます。それらは様々な化学物質に対して強力な酸化分解作用を発揮し、塩素の約3倍、次亜塩素酸の約2倍、オゾンの約1.5倍もの分解力の強さがあります。一方、部屋の空気中には見えない有害菌やウィルス、カビ、臭い等が漂っていて、常に対流して何時間も浮遊しています。アイセーブの表面に働くチタンアパタイトによって、ライトに触れる有害菌やウイルス、臭いの粒子、さらに花粉などの有機物や化学物質を吸着されてしまいます。そしてすべての有機物は光触媒の酸化還元反応により水と二酸化炭素になるまで分解されていきます。照明というのは天井に複数台が均一に並べられています。エアロゾルとして浮遊するあの世界的なパニックを引き起こしたウイルスや主な食中毒の原因ウィルスも吸着して浮遊量を減少させます。

光触媒をより詳しく
CCFLのプラズマ放電電気エネルギー
+純銀のナノ微粒子(ナノシルバー)

銀イオン(Ag+)

650 種類の有害菌を除菌!
                                      抗ウイルスにはたらく!

                               

銀イオンが遊離、周囲に広がり効果を発揮する

強烈な除菌力で破壊し
耐性菌をつくりにくい性質
銀イオンAg+は
安全性が極めて高い
持続力で施設を
銀イオン抗菌コーティング
                           

アイセーブの表面のナノシルバーは光触媒をより強力な可視光応答型に変える助触媒としての役割がありますが、冷陰極管(CCFL)のプラズマ放電の電位によってイオン化されます。銀イオン(Ag+)は1990年代のアリゾナ大学の研究データによると650種類以上の病原菌やウイルス、カビ等に対して有効だったと言われています。銀イオンは壁や床、器具等に付着する有害菌やウイルスを除菌する働きをします。銀イオンはごく微量でも菌類に作用することができ、さらに耐性菌ができづらいと言われています。それでいて動植物など多細胞生物には安全性が極めて高く安心して使うことができます。また銀イオン(Ag+)は長い持続力があると言われており、施設全体の壁や天井、床や器具等に付着することで、その場所を抗菌コーティングする効果も期待されます。菌が繁殖しにくい施設環境を次第に作っていきます。

銀イオンをより詳しく

aiSave 相乗効果イメージ

synergy

光触媒

                          ① 天井に複数、均一にアイセーブ抗菌蛍光灯が並んでいる。
                          ② 特定のウィルスの主たる感染経路は空中を漂うエアロゾルである
                          ③ ウィルスは空調により対流を繰り返し、絶えずアイセーブのライト表面にぶつかってくる
                          ④ アイセーブがウィルスを吸着して捕らえる(点灯していない状態でも同じように吸着する)
                          ⑤ アイセーブの表面に発生した光触媒の酸化分解力が、特定のウィルスを分解する
                          ⑥ 複数のアイセーブが同時多発的に特定のウィルスを吸着・除菌を繰り返す
                          ⑦ 次第に空間のウィルスエアロゾルが減少して、感染リスクが下がる

銀イオン

                          ① 銀イオンが発生してライトが離れた場所に存在するウィルスや有害菌に作用する
                          ② 銀イオンはほとんど安全無害なので安心して利用できる
                          ③ 銀イオンの持続性によるコーティング効果が期待できる
                          ④ 壁や機器に付着するウィルスを減少させることから接触感染のリスクを軽減する                        

                       
除菌・防カビ・抗ウイルス・臭い・花粉・化学物質の対策に!
                       

複数の研究所、大学、民間の第三者試験機関によって多くのエビデンスを取得し、細菌・ウイルス・カビ・臭い・化学物質に対して有効性を実証しています。

エビデンス試験結果について
強い消臭効果
                       

アイセーブは消臭効果にも優れています。光触媒による消臭効果は、空間に漂う臭いの粒子やガスをチタンアパタイトによる吸着、分解というプロセスによって消臭が可能です。天井に均一に複数台のアイセーブが連動すると、一つの空気清浄機に比べても非常に強力です。また銀イオンによる臭い原因菌やアンモニアなどを直接、減少させることで悪臭の問題を軽減することが可能です。

製品の安全性について
                       

使用している原料はすべて食品添加物に指定されており、人体や動植物に対して安全・無害に使用できます。チタンアパタイトの酸化チタンはホワイトチョコレートの原料でもあり、アパタイトは歯の主要な構成物質です。銀(Ag)は点眼薬や銀歯にも利用されていて食品添加物に指定されていて、銀イオンAg+は古代から水の浄化で使われ、世界中の水道水も銀イオン殺菌が採用されています。また銀イオン水ペレットは、東日本大震災時には避難所と陸上自衛隊へ提供されました。ライトから発する紫外線の量も従来の蛍光灯に比べて非常に少なく人体への影響はありません。

安全性を詳しく見る
有効範囲に関して
                           

高さ3m、広さ1坪ほどの容積の箱をつくり、様々な細菌に対して除菌効果を第3者機関による試験で確認しております。また6畳間での実空間でのテストも第3者が立ち合いの元で繰り返し行っております。ライトの近くの浮遊有害物質を分解しますが、空気は平均化しますので時間とともに部屋全体に及びます。パティクルカウンターにより、浮遊するPM0.3やPM2.5等の浮遊粉塵が減り、空気が清浄化に近づきます。また銀イオンは空気の対流に乗ってこの有効範囲を超えても飛びます。例えば4畳半の部屋に電球1個、6畳の部屋に蛍光灯1本であっても時間とともに少しずつ効果は確認できます。できるだけ多くの数を設置していただけると効果が早いです。

光が届かない場所にも効果あり
                       

UV殺菌灯とは違い、光が届かない部分にも銀イオンが効果を発揮します。エアコン内部や什器の陰になっている部分にも効果がある。プラスチック製の防水カバー等は時間が経過すると徐々に透過して効果を発揮する。

他の除菌剤との併用による相乗効果

アイセーブCCFL抗菌ライトの除菌・抗ウィルス効果は、ほかの除菌剤との併用が可能です。銀イオンは塩素系除菌剤と非常に相性がよく、触媒反応により双方の効果が増強される相乗効果があります。実験でも次亜(塩素系殺菌剤)を単独で使用する時よりも、銀イオンを併用しているほうがバクテリアは早く除菌されます。またアルコールなどの成分は揮発性が高く持続性は期待できないものの即効性はある。銀イオンは抗菌性と持続性に優れている。この二つの効き方をうまく利用して、銀イオンとアルコールを併用することによってより除菌、抗菌効果を長持ちさせることができます。つまりアルコールや塩素系の除菌剤の頻度を減らすなどコスト削減効果も期待できます。

ノーメンテナンスで耐久性は抜群!

ライトの表面にオイルミストや糞尿、有機物の汚れ等が付着してしまっても、光触媒の酸化分解と浸水化作用によるセルフクリーニング機能によって、ライト本体がずっと綺麗な状態を持続します。このためアイセーブはメンテナンスフリーです。通常の除菌剤や空気清浄機のようにフィルター交換のメンテナンスや溶液の補充などが無く、寿命までほとんどノーメンテナンスで使用していただけます。

アイセーブCCFL抗菌ライトの設計寿命は40000時間を超えます。初期の明るさから40000時間で70%、50000時間で60%の光衰を定義としています。光触媒の効果は物理的に塗膜が取れない限り半永久的に続きます。光触媒のセルフクリーニング効果もありますが、定期的に優しく拭き掃除をすると効果を発揮します。銀イオン(Ag+)は原子レベルでは減っていきますが長期間、抗菌性能は継続します。。

こんな場所に適しています

食品加工
レストラン厨房
スーパーマーケット
惣菜・テイクアウト
飲食・喫茶スペース
ショーケース
医療分野
介護分野
幼稚園・保育園
教室
ユニットバス
ホテル
共同トイレ
ロッカー・脱衣所
喫煙室
畜産分野
導入事例をみる