CCFLは30年以上の実績のある安心安全な照明

冷陰極管モニターCCFL( Cold Cathode Fluorescent Lamp )とは冷陰極管という種類の蛍光灯です。 従来の蛍光灯は熱陰極管( HCFL ) と呼ばれ、電極を加熱することでエミッタから 電子を放出するのに対し、冷陰極管(CCFL)は、電極を加熱せずに電子を放出して 点灯する事ができます。またフィラメントを持たないため管単体として80000時間を 超える長寿命で、10万回以上のON / OFF を繰り返しても寿命の劣化がありません。 また演色性や輝度が高く、少ない消費電力で明るく照らすことが可能です。 30年以上前からモニターのバックライト光源等の産業機器光源として用いられてきましたが、10年ほど前から照明分野でも広く使われるようになりました。直管蛍光灯タイプはすでに世界中に普及しており、 国内では累計で、6000千社に対して約80万本の販売実績があります。

今まで以上に自然な色を再現できます

3波長の自然な光

LEDは青色発光ダイオードに黄色蛍光体を透過して作った疑似白色です。CCFLは赤・青・緑の三波長に集中して分光している3波長型の自然な光で、人の色覚反応に合うことから物がはっきりくっきりと見えやすいのが特徴です。

高い演色性を実現

CCFLは演色性が高く、自然な色合いを再現できる光の波長をしています。図は演色性と照度の関係です。横軸が平均演色評価数Raを、縦軸はRaが100である白熱電球を基準として、同じ明るさ感となる各光源の照度の比(これを等明るさ感照度比という。等明るさ感照度比=白熱電球の照度/各光源の照度)を表わしたものです。光源の演色性の違いは、色の見え方に影響を及ぼすばかりでなく、その照明によって私たちが感じる心理的な明るさ(明るさ感)に変化を与えます。一般に、演色性の良い光源は演色性の劣る光源にくらべ、明るさ感が高いといえます。例えば、演色性の低い白色蛍光灯で照明された部屋から演色性の高いCCFL蛍光灯で照明された部屋に移動した場合、室内照度が同じにもかかわらずCCFL蛍光灯で照明された部屋のほうが明るく感じられます。Ra75程度のLEDではCCFLと同じ明るさ感を出すにはさらに照度が必要なのです。

赤の再現性が抜群です

CCFLの赤の表現

バランスの取れた色の再現性 CCFLは、赤・青・緑の3色の 再現性においてバランスが取れています。 特に、赤色 (R9)と 肌色 (R15)の再現性は、 CCFL が抜群です!

広くて均一な配光範囲

線光源と点光源の配光の違い

CCFLとLEDの配光LED照明は、指向性があり、全方位に光が広がらないことが欠点です。CCFLは、360°全方位に照射可能な線光源なので均一な光を広い範囲に放射します。

部屋の配光配光の広がらない照明はいくら床面で光が重なりあったとしても問題が発生します。実際に人の顔や掲示物は1.5 メートルから2 メートルくらいの高さにあり、照明効果を出したい高さが床面ではない事がほとんどです。この高さで光が重なっていなければ光の当たらない部分が出てきてしまいます。

また、照明は水平面へ当たる明るさ(水平照度) だけでは無く、垂直の面に当たる明るさ(垂直照度) が重要なのです。机の上の書類などは水平に置いてある状態で読むものも多いのですが、対面した相手の顔色や表情、掲示物を読むシーンなど、垂直面での明るさが必要な事のほうが多いくらいです。配光範囲の広い照明を使えば、作業空間の均斉度が高くなって、作業空間が快適になります。LED照明で十分な明るさを得るにはLEDの本数を増やす必要があり、以前よりも天井にたくさんの本数を並べなくてはいけません。

影が自然で視界良好

LEDはもともと直線性の強い光の性質ですから照射物に影が強くできやすく、実は視認性がよくありません。CCFLは配光が広く均一で回り込むから影が自然につくため視界が良好なのです。

長寿命&節電が実現可能

CCFLは長寿命

寿命

CCFL蛍光管は単体なら80000時間以上点灯することができ、従来の白色蛍光灯の7000時間に比べて何倍も長持ちします。 アイセーブCCFL照明は電球で30000時間、蛍光灯タイプで50000時間の設計寿命(明るさ60%)としています。50000時間の経過時でも1m直下照度は従来の蛍光灯の寿命時よりも明るい照度を保っています。

電気代、CO2を約45%削減

現在、皆様が今お使いの従来型の蛍光灯は安定器込みで43W程度消費されています。また安定期の使用年度が10年を超えますと消費電力は更に消費されています。CCFL照明は省エネ性能が高く、直管蛍光ランプで約45%、電球形で約80%の消費電力の削減が可能です。

環境温度を選びません

CCFL温度

CCFLは、周囲温度の制約がなく、暑さ・寒さに強い照明です。逆にLEDは40℃以上は不点灯の原因になります。 従来の蛍光灯は、0℃以下の温度は暗いです。CCFLは蛍光灯に比べ廃熱量が少ないため、60℃ 以上の環境下でも適応可能です。またアイセーブ抗菌CCFLライトはカビや臭いに困っている低温の食品冷蔵倉庫などに最適です。

温度変化と照度

チラつきが全くない

従来の蛍光灯は、交流電源で電気を点灯すると、 1秒間で100回、120回(50Hz、60Hz)の頻度でONとOFFを繰り返している状態にあります。これが眼の神経を疲労させて、近眼の原因の一つになっているとも言われています。

LED照明で多く採用されるダイナミック点灯方式の中でAC→DC変換回路が通常タイプだと、やはり1秒間で100~120回の点滅を繰り返しています。LEDは蛍光灯と異なり残光時間がないので点滅のON/OFFの明るさが瞬時に変わります。結果、チラツキを強く感じます。

CCFL照明は、高周波のインバーター方式を採用しているため、ちらつき現象が発生しにくく、残光時間が長い(オフにしてもすぐに光が消えない)ため、明るさの時間的な変化が少なく、フリッカーがほとんどありません。

CCFLの優れた波長について

目や人体に優しい光の波長

左の図のように一般の事務所や家庭や使われている安価な白色蛍光灯は黄色(570nm前後)の成分を多く持つ光の波長領域です。この波長の蛍光灯は事務作業や読書などには良いですが、色の正確性を求める作業には不向きで、全体的にくすんだ色になってしまいます。

次にCCFLの波長の特長ですが、目の感度に合わせやすい青・緑・赤の3 波長の割合を際立たせることで、物がハッキリと見え、自然な色合いを再現できます。同じ照度で点灯しても白色蛍光灯に比べて約1.4倍も明るさ感を得られると言われています(ルーメン瞳孔指数より)。

LEDのブルーライトの危険性

省エネで注目されているLED 照明は、本当に人体に影響がないのでしょうか? 日本では積極的な議論がないままに導入が推進されています。 LED はレーザーとして開発されたもので、光が1 点に集中して遠くまで照射されます。 その光が直接目に入るLED 照明は危険ではないでしょうか? 実は今、動物実験などで明らかになり、危険性が叫ばれているのが、この 「LED青色光」です。LED青色光(ブルーライト)問題とは可視光線の中で、380nm~495nm(ナノメートル)の波長の可視光線のことで、最もエネルギーが高く、眼の角膜や水晶体で吸収されずに、網膜まで到達する光の波長です。アンバランスに強いブルーライトは、毎日のように長時間の曝露を受けることで、目の回復機能ヴィジュアルサイクルが追いつかず、加齢黄斑変性や青色光網膜傷害の原因になることが解ってきています。さらに青色光を浴びるとメラトニンの分泌を抑えられ、生活リズムが乱れる原因にもなります。また、この青色光は波長が短いため、眼内で光が散乱してしまう為、ピントを合わせづらく、これにより物がくっきりと見えにくいうえに、目が疲れてしまいやすいです。さらに、瞳孔が嫌うグレア(まぶしさ)が多い光です。LEDは眩しいとか思っている人は多いのではないでしょうか?またLEDは可視光線しか出していません。身体へのケアの光である遠赤外線領域が出ていないので、寒々とした空間を感じるでしょう。

CCFLは遠赤外線(育成光線)の光も放射している

赤外線波長LEDには紫外線も赤外線もなく、ほぼ可視光線しか放射していません。一方、CCFLは遠赤外線の中でも熱効率の大きい4〜14μm(10μm 領域)の波⻑で、水を活性化したり、全ての動植物の成⻑を促進する作用があると言われ、植物を育成する波⻑の光線ということから「育成光線」と名付けられた波長を持っています。育成光線はNASAが10万種類の太陽光線の中で、動植物の成長にもっとも重要な光の波長としています。人間や動植物は太陽光線がないと生きて行く事が出来ません。太陽光線の中で「育成光線」を吸収することにより、共鳴吸収現象が起き、その結果分子のクラスターを小さくし又、熱エネルギーに変わり暖かくなるといわれています。

紫外線が出ないので虫が来ない

CCFLの紫外線虫は主に紫外線 250~400nm を光として感じています。CCFLは 虫を誘引しやすい 400nm以下の近紫外線波長が限りなくゼロに近い値となっています。そのため従来の蛍光灯に比べて、紫外線による色褪せが無く、また近紫外線に集まる虫が寄り付きにくい特長があります。お肌にも優しいです。

 

人が感じる明るさ感とは

人が感じる明るさ感とは「演色性が高い」ことや「視感輝度」が高いことでも感じられ、人間の生理的な「明るさ」のことを表わし、実際にはこれに数値では表わせない心理的な要素も加わってきます。また人間には瞳孔の働きがあり、次第に明るさに順応していくことができます。LEDのように輝度が高過ぎると不快な「グレア=まぶしさ」となり、瞳孔が狭まり、部屋は暗く感じます。CCFLのように輝度が適度であれば空間は華やかな「きらめき感」となります。

今、lmルーメン単位ではないあたらしい明るさの新基準PLm:(有効光束密度、瞳孔ルーメン指数) 「瞳孔:pupil」、放射束:lumen」や、その他にもパナソニックのFeu(フー)、東芝はWeluna(ウェルナ)という明るさの新基準を打ち出しています。各社、名前は違いますが、共に床面や作業面などの明るさだけではなく、人が空間全体から感じる明るさの印象を「空間の明るさ感」としています

水銀規制について

2013年1月13-18日に行なわれた、【国連環境計画(UNEP)】で、水銀汚染防止に向け国際的な水銀規制に関する新条約の条文案が合意されましたが、水銀を使用するランプに関して 「ある一定以上の水銀量を有するもの等についての製造、輸出及び輸入を禁止する」となっており、通常の蛍光灯や CCFL管は既に一定量未満を順守しており対象外です。CCFLアイセーブの水銀使用量は欧州RoHS指令に適合する3mg以下を大きく下回る0.6mg以下の使用量です。また水溶性の無機水銀であるため万が一、人体に取り込んでも無害です。水溶性で硫黄を含むたんぱく質と結合しやすい性質です。その結果、必要ではない重金属は、吸収されにくくなり、吸収したとしても肝臓などでメタロチオイネンという保護用のたんぱく質が生成されるため、毒性は少なくなります。また、元々神経細胞にもこの機構は存在します。
水銀条例PDF

リサイクルへの取り組み

CCFL照明に使用されている部品のほとんどが リサイクルされます。 各自治体の産業廃棄物の指定に従って処分してください。

リサイクル

 

アイセーブ抗菌CCFLのパンフレットのダウンロード

アイセーブ抗菌CCFLライトの最新4Pパンフレットを公開しています。ダウンロードはこちらからどうぞ