CCFL照明を導入するサポートページ

ここでは、どのようにCCFL蛍光灯を会社に導入していくかの流れをご説明を致します。

今、照明でどのくらいの電気代が掛かっているのか?1分でシミュレート。

簡易シミュレーター


あなたがお使いの照明の点灯時間、稼働日数、電気代を入力して下さい。

1日の点灯時間 時間 (1~24)
年間稼動日数 日 (1~365)
1Kwあたり電気代

主な電力会社の1kWhあたり料金は下記の通りです。
(従量電灯B 第3段階料金を円未満切り上げ、2009年6月1日現在)
■東京電力:24円 ■関西電力:21円 ■中部電力:23円 ■九州電力:22円

現在のお使いの照明の種類と本数を入力して下さい。

20w蛍光灯
40w蛍光灯
110w蛍光灯

 

 現在お使いの照明の消費電力を変更する

 

1本あたりの
消費電力数

蛍光灯
本数

年間使用
電力量

年間
電気料金

年間Co2
排出量

蛍光灯20w w Kw t/年
蛍光灯40w w Kw t/年
蛍光灯110w w Kw t/年

※お使いの蛍光灯の消費電力の「実測値」または、不明の場合は40W形の場合、FLグロー式蛍光灯46W、FLRラピッドスタート蛍光灯43W、HFインバータ蛍光灯36Wと上記の「1本あたりの消費電力を入力して直してください。

 

 

 今、照明でどのくらいの電気代が掛かっているのか?3分でシミュレート。

 

1本あたりの
消費電力数

蛍光灯
本数

年間使用
電力量

年間
電気料金

年間Co2
排出量

aisave 20W形ストロング w Kw t/年
aisave 40W形ストロング w Kw t/年
aisave 110W形ストロング w Kw t/年

 

電気料金が年間 削減できます。
Co2排出量が年間 t 削減できます。

 

蛍光灯の消費電力に加え、インバータの消費電力があります。
■一般蛍光灯(40W)の場合→安定器を含む消費電力は(実際はほとんどの場合)46~48Wです。
■Hf蛍光灯(32W)の場合→安定器を含む消費電力は36~40Wです。
二酸化炭素排出係数は、「特定排出者の事業活動に伴う温室効果ガスの排出量の算定に関する省令(平成十八年三月二十九日経済産業省・環境省令第三号)」第2条第4項に定められた二酸化炭素排出係数 Kg/Kwで算出しています。
電気事業者別二酸化炭素排出係数については、官報ならびに環境省HPでご確認下さい。

PAGETOP

もっと詳しい導入シミュレーションのご依頼

設備投資も含めたより詳しい御社のシミュレーションを無料でお作りしています。

LED・CCFL導入シミュレーション

只今、無料で導入シミュレーションを製作してます。現在お使いの蛍光灯や比較検討したいLED照明、他社CCFL、そしてaisaveアイセーブの4種類を年間の電気代、設備費用、寿命までの経費削減費用、寿命までの年数、初期投資の償却年数、リース会社を使用した場合の支払いプラン等、4種類の照明を比較することが可能です。検討中のLEDの情報も教えていただければより詳しくシミュレーションできます。即日~2営業日で回答が出ますのでお気軽にお問い合わせください。

シミュレーション依頼へGO

 

Copyright(c) 2015 CCFLアイセーブはFirstNations Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com