光触媒の効果

99.9%の除菌を確認。消臭・防カビにも期待

除菌・消臭・防カビ機能の搭載機について


アイセーブCCFLシーリング照明やCCFL抗菌除臭防カビ電球は、点灯するだけで抗菌・消臭・防カビが期待できます。表面のカバーに銀イオンを発生させる「ナノシルバー」と光触媒効果を活性化する「酸化チタン」を何層にもコートする事により、一定の範囲の照射面に対して殺菌効果を発揮します。

日常から点灯させるだけで有害な菌・ウイルスなどが引き起こす食中毒やインフルエンザ、気管支炎などの発生リスクを低減し、健康や食品の安心を得ることが期待できます。また細菌の活動を弱め、または死滅させる事は臭いの発生をも防ぎます。

ナノシルバーとは?


「ナノシルバー」とは100万分の1ミリの微細な銀の粒子です。照明のカバーには、このナノシルバーがコーティングされており、照明を点灯させると「銀イオン」が発生します。銀イオンは有害菌を包み込んで、その菌が呼吸できないようにして死滅させます。最近の研究では「ナノシルバー」は約650種類以上の病原菌に効果があるとされており、感染予防策や殺菌・消毒・消臭に利用されています。また、「銀イオン」にはアルコール等の消毒薬と異なり揮発性がないため、消灯後も効果の持続が期待できます。

酸化チタンとは?


酸化チタンはその名の通りチタンの酸化物で、光電効果(光の照射で電気的な作用が発生する)を持つ金属酸化物の一種です。 酸化チタンの有用な機能の一つとして「光触媒」があります。酸化チタンが光を吸収する事により光触媒反応が起こり、そこから作りだされる「活性酸素」が強力な酸化力を持っており、有害有機物を中心とした化学結合を破壊しますので、細菌やカビなどの微生物に対して大きな威力を発揮します。

CCFL抗菌除臭防カビ電球の場合


このアイセーブCCFL抗菌除臭防カビ電球をSGS(1878年スイスに設立された世界最大の認証・検査・分析機関)に検査を依頼したところ、特に大腸菌・黄色ブドウ球菌に対しては24時間連続照射後には99.9%の除菌力を発揮することが解りました。また琉球大学の検査では、培地だけでなく空中浮遊菌する大腸菌・黄色ブドウ球菌に対しても同様の抗菌性を示すことが確認されました。しかも、抗菌電球から発生するイオンは非常に細かく、カバーを付けても殺菌・抗菌機能などが失われることがないため、防水カバーが必要となる浴室などでも使用することができます。これまでの殺菌灯のように人体に有毒な紫外線を使用しない非常に安全な照明のため、一般の照明と同様に使用することができます。

マイナスイオン効果