直管20W/40W形 CCFL抗菌蛍光灯

上質な光と抗菌力が作る、エコで快適な空間

均一に広がる温かみのある優しい光が、日常の生活空間を上質なものに仕上げます。光触媒と銀イオンが継続的にお部屋をクリーンな空間に仕上げます。お部屋に合わせてコーディネートしていただけるようにカーは昼光色と電球色の2色ご用意いたしました。省エネ、長寿命で、人にも地球にもやさしい"エコ"な光。

DETAIL

商品説明

aisave CCFL 抗菌電球は空間をキレイにする

アイセーブCCFL抗菌電球は、普通に点灯するだけで抗菌・消臭・防カビ効果が期待できます。表面のカバーに銀イオンを発生させる「ナノシルバー」と光触媒効果を活性化する「酸化チタン」を何層にもコートする事により、一定の範囲の照射面に対して殺菌効果を発揮します。

酸化チタンと紫外線による光触媒反応


酸化チタンはその名の通りチタンの酸化物で、光電効果(光の照射で電気的な作用が発生する)を持つ金属酸化物の一種です。 酸化チタンの有用な機能の一つとして「光触媒」があります。酸化チタンが蛍光灯からでる紫外線波長を吸収する事により光触媒反応が起こり、そこから作りだされる「活性酸素」が強力な酸化力を発揮して、近づいてくる有害な細菌やウイルス、カビ、花粉などの有機物を瞬時に殺菌・化学結合を破壊して、水と二酸化炭素に分解します。

ナノシルバーと電位による銀イオンの発生


「ナノシルバー」とは100万分の1ミリの微細な銀の粒子です。照明のカバーには、このナノシルバーがコーティングされており、アイセーブCCFL抗菌電球を点灯させると放電管の電位が触れることで「銀イオン」が発生します。銀イオンは有害菌を包み込んで、その菌が呼吸できないようにして死滅させます。最近の研究では「ナノシルバー」は約650種類以上の病原菌に効果があるとされており、感染予防策や殺菌・消毒・消臭に利用されています。また、「銀イオン」にはアルコール等の消毒薬と異なり揮発性がないため、消灯後も効果の持続が期待できます。

第3者機関での実証実験


アイセーブCCFL抗菌電球をSGS(1878年スイスに設立された世界最大の認証・検査・分析機関)に検査を依頼したところ、特に大腸菌・黄色ブドウ球菌に対しては24時間連続照射後には99.9%の除菌力を発揮することが解りました。また琉球大学の検査では、培地だけでなく空中浮遊菌する大腸菌・黄色ブドウ球菌に対しても同様の抗菌性を示すことが確認されました。その他にもノロウイルス、インフルエンザ、サルモネラ菌、レジオネラ菌、ホルムアルデヒド等のVOCにも効果があることが実証されました。

長寿命40000時間


CCFL抗菌電球の設計寿命は40,000時間です。その間、抗菌効果も持続して発揮します。

従来の白色蛍光灯から40%以上の省エネ達成


CCFL抗菌蛍光灯は、明るさが同等の従来型の白色蛍光灯FLRと比べて、消費電力は40%以上も省エネです。