CCFLコンパクト蛍光灯YesLight FPL形で未来を創造

目に優しい光で省エネ・長寿命・低コストを実現します。

FPL型コンパクト蛍光灯

CCFLコンパクト蛍光灯

 

CCFLのFPL型コンパクト蛍光灯は既存の照明から60%節電が可能です。既存の照明器具の配光を活かした設計で明るさを損ないません。配光角度の広いCCFLならではで、灯具を増やす必要が有りません。

 

CCFLコンパクト蛍光灯 工事

明るさ感

 

CCFLの波長と演色性アイセーブ40W形ストロングは器具光束1600lmでありながら、当社LED比(全光束2300lm)の商品に匹敵する空間の明るさ感を実現しています。明るさ感とは「演色性が高い」ことや「視感輝度」が高いことで感じられ、人間の生理的な「明るさ」のことを表わし、実際にはこれに数値では表わせない心理的な要素も加わってきます。尚、輝度というものはまぶしすぎると不快な「グレア」となり、適度であれば華やかなきらめき感となります。LEDはグレアが強く、CCFLはキラメキ感が強いのです。それが「明るさ感」と言われるものです。 現在お使いの白色蛍光灯から3色波長のCCFL蛍光灯に替えるだけで同照度で1.4倍も明るく感じられるといわれています。

Ra85のCCFL、Ra75のLED

 

演色性と照度の関係左図は演色性と照度の関係図です。光源の演色性の違いは、色の見え方に影響を及ぼすばかりでなく、その照明によって私たちが感じる心理的な明るさ(明るさ感)に変化を与えます。一般に、演色性の良い光源は演色性の劣る光源にくらべ、明るさ感が高いといえます。例えば、白色蛍光灯で照明された部屋から演色性の良いCCFL蛍光灯で照明された部屋に移動した場合、室内照度が同じにもかかわらずCCFL蛍光灯で照明された部屋のほうが明るく感じられます、横軸が平均演色評価数Raを、縦軸はRaが100である白熱電球を基準として、同じ明るさ感となる各光源の照度の比(これを等明るさ感照度比という。等明るさ感照度比=白熱電球の照度/各光源の照度)を表わしたものです。LEDはCCFLと同じ明るさ感を出すにはさらに照度が必要なのです。

CCFL照明の特徴

冷陰極管とは

CCFLの光はLEDに比べて、光が柔らかく、目に優しい自然な色合いで、長時間、照射にさらされても目が疲れにくい特長があります。まず白色蛍光灯やLED照明にあるようなチラツキ(フリッカー)が全くありません。次にCCFLから出る光の波長にはLEDにあるようなブルーライトの問題がありません。逆に動植物に必要な遠赤外線中の育成光線が含まれている事も分かっている温かい光の波長です。白色蛍光灯に比べ1.4倍も明るく感じられる3波長の光の質です。またLEDや水銀灯にあるようなグレア(まぶしさ)が少なく、きらめき感のある快適な光です。

CCFLの輝度維持率長寿命40000時間経ってもまだ使えます。

FPL型9000時間からCCFL40000時間の長寿命です。

aiSave BW-CF020 仕様

タイプ
36W形
55W形
型  番
CE-L365-C
CE-L555-C
色 温 度
3000K / 5000K (±300K)
器具光束
1,350 lm
2,200 lm
照度(1m直下)
230 lux ± 5% *1
360 lux ± 5% *1
演 色 性
Ra 82~86 (色温度による)
電源電圧
電源外付け (電源入力電圧AC100V~AC200V) 50Hz/60Hz
消費電力
15W±2W(電源込み)
22W±2W(電源込み)
配光角度
360度(全光束)
効  率
PF 0.85
CCFL寿命
40,000時間 *2
仕様環境
0℃~40℃
寸  法
管幅43mm 管長412mm
管幅43mm 管長557mm
質  量
185 g ± 10%
230 g ± 10%

メーカー保証:3年

※ 製品寿命は設計予測値です。その他、寿命は使用環境により異なります。

Copyright(c) 2015 CCFLアイセーブはFirstNations Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com