CCFL抗菌電球アイセーブ aisaveで未来を創造

aisave アイセーブ抗菌電球は照射物の99.9%の除菌が可能
360度発光の優しい光で省エネ・長寿命・低コストを実現します。

aisave strong アイセーブ抗菌電球

aisave ccfl 電球

 

アイセーブCCFL電球は点灯するだけで抗菌消臭効果があります。CCFL電球のカバーに銀イオンを発生させる「ナノシルバー」と光触媒効果を活性化する「酸化チタン」を 何層にも表面コートする事により、殺菌・抗菌効果を発揮します。日常点灯させるだけで、有害な菌・ウィルスなどが引き起こす「食中毒」・「インフルエン ザ」・「気管支炎(ぜんそく)」などの発生リスクを低減し、健康や食品の安心を得ることが期待できます。

 

CCFL電球抗菌消臭機能
臭いの発生源となる細菌の活動を弱め、または死滅させる事によって、臭いの発生を防ぎます。酸化チタンが光を吸収する事により触媒 反応が起こり、そこから作りだされる「活性酸素」が有機物を分解し、防汚・抗菌・消臭効果を発揮します。また、「銀イオン」にはアルコール等の消毒薬と異 なり揮発性がないため、消灯後も効果の持続が期待できます。

 

ナノシルバー・銀イオンとは?
「ナノシルバー」とは100万分の1ミリの微細な銀の粒子です。本抗菌電球のカバーには、このナノシルバーがコーティングされており、電球を点灯させると「銀イオン」が発生します。銀イオンは有害菌を包み込んで、その菌が呼吸できないようにして死滅させます。

酸化チタンとは?
酸化チタンはその名の通りチタンの酸化物で、光電効果(光の照射で電気的な作用が発生する)を持つ金属酸化物の一種です。 酸化チタンの有用な機能の一つとして「光触媒」があります。 この光触媒により酸化チタンに光を当てると「活性酸素」が発生します。 活性酸素は強力な酸化力を持っており、有害有機物を中心とした化学結合を破壊しますので、細菌やカビなどの微生物に対して大きな威力を発揮します。

長寿命30000時間以上

CCFL電球の寿命は30,000時間以上、環境により30%それ以上長寿命。その間、抗菌効果も持続します。

工事不要で電球を取り替えるだけ
現在使用されているE26口金の白熱電球を、この抗菌電球に交換するだけでお使いいただけます。特別な工事などは一切必要ありません。(電源はAC100Vのみ対応です。調光機能付きの器具には使用できない可能性がありますので、ご使用はお避け下さい)

目に優しく自然な色合い

CCFLの光はLEDに比べて、光が柔らかく、目に優しい自然な色合いで、長時間、照射にさらされても目が疲れにくい特長があります。またCCFLの光にはブルーライトの問題が無いほか動植物に必要な育成光線が含まれている事も分かっています。温かみのある3000Kの電球色から太陽光に近い6000Kの昼光色まで3段階の色温度から選択することが出来ます。

タイプ
30W形相当明るさ
60W形相当明るさ
80W形相当明るさ
100W形相当明るさ
型  番
AVS-S7WA
AVS-S11WA
AVS-S15W
AVS-S18W
色 温 度
2800K / 6400K
器具光束
270 lm ± 5%
700 lm ± 5%
1000 lm ± 5%
1150 lm ± 5%
消費電力
6.2W± 10%
11.3W± 10%
15.2W± 10%
18.2W± 10%
演 色 性
Ra 86~ 82 (色温度による)
電源電圧
AC100V 50Hz/60Hz
ON/OFF
> 100K times
効  率
0.5~0.7
設計寿命

30,000時間

仕様環境
0℃~40℃
寸  法
Φ50 x 102mm
Φ55 x 134mm
Φ55 x 134mm
Φ55mm x 160mm
質  量
57 g
102 g
102 g
125 g
効果範囲
約1.5㎡/1個

メーカー保証:1年
※ 光源の冷陰極管は50000時間の長寿命。寿命は使用環境により異なります。
※ 製品を改良し続けるため予告なく変更部あり

PSE

仕様
20W形
40W形
型  番
AVS-2-12WA
AVS-4-26WA
色 温 度
2800K / 6400K
器具光束
650 lm ± 5%
1700 lm ± 5%
消費電力
12W± 10%
25W± 10%
演 色 性
Ra 86~ 82 (色温度による)
電源電圧
AC100V 50Hz/60Hz
ON/OFF
> 100K times
効  率
0.5~0.7
設計寿命

40,000時間

仕様環境
0℃~40℃
寸  法
Φ30 x 580mm
Φ30 x 1198mm
質  量
360 g
360 g
効果範囲
2㎡/1本
3.3㎡/1本

メーカー保証:1年
※ 光源の冷陰極管は50000時間の長寿命。70%の輝度維持率で設計の寿命は使用環境により異なります。
※ 製品を改良し続けるため予告なく変更部あり

PSE

aiSave CCFLの明るさ感

明るさ感

 

CCFLの波長と演色性アイセーブ40W形ストロングは器具光束1600lmでありながら、当社LED比(全光束2300lm)の商品に匹敵する空間の明るさ感を実現しています。明るさ感とは「演色性が高い」ことや「視感輝度」が高いことで感じられ、人間の生理的な「明るさ」のことを表わし、実際にはこれに数値では表わせない心理的な要素も加わってきます。尚、輝度というものはまぶしすぎると不快な「グレア」となり、適度であれば華やかなきらめき感となります。LEDはグレアが強く、CCFLはキラメキ感が強いのです。それが「明るさ感」と言われるものです。 現在お使いの白色蛍光灯から3色波長のCCFL蛍光灯に替えるだけで同照度で1.4倍も明るく感じられるといわれています。

Ra85のCCFL、Ra75のLED

 

演色性と照度の関係左図は演色性と照度の関係図です。光源の演色性の違いは、色の見え方に影響を及ぼすばかりでなく、その照明によって私たちが感じる心理的な明るさ(明るさ感)に変化を与えます。一般に、演色性の良い光源は演色性の劣る光源にくらべ、明るさ感が高いといえます。例えば、白色蛍光灯で照明された部屋から演色性の良いCCFL蛍光灯で照明された部屋に移動した場合、室内照度が同じにもかかわらずCCFL蛍光灯で照明された部屋のほうが明るく感じられます、横軸が平均演色評価数Raを、縦軸はRaが100である白熱電球を基準として、同じ明るさ感となる各光源の照度の比(これを等明るさ感照度比という。等明るさ感照度比=白熱電球の照度/各光源の照度)を表わしたものです。LEDはCCFLと同じ明るさ感を出すにはさらに照度が必要なのです。

Copyright(c) 2015 CCFLアイセーブはFirstNations Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com