CCFL照明の特徴

CCFLとは、冷陰極管(Cold Cathode Fluorescent Lamp)という蛍光灯の一種です。従来の蛍光灯と違って電極を加熱しないで点灯する事や、フィラメントを持たない為に10万回以上のOn/Offを繰り返しても寿命の劣化がないことからとても長寿命の蛍光灯です。TVモニターのバックライトとして30年以上使われてきた信頼の技術です。
アイセーブCCFL照明は、この冷陰極管を光源に開発され、人にやさしく、地球にもやさしい照明になりました。

ブルーライトはLEDの1/6

ブルーライトだけが特出した波形のLEDに比べてCCFLブルーライト領域はLEDの1/6です。アイセーブCCFL照明の光の波長はとてもやさしい三波長の光です。目の感度に合わせたRGBにピークを立たせ、光としてはっきりくっきり見えやすい光の波長をしています。瞳孔ルーメン指数では、従来の白色蛍光灯に比べても1.4倍も明るく感じるというデータがあります。

高い演色性で明るく感じる

光源の演色性の違いは、色の見え方に影響を及ぼすばかりでなく、その照明によって私たちが感じる明るさ感に変化を与えます。人が感じる「明るさ感」とは、光の演色性が高いことや視感輝度が高いことでも感じられ、実際にはこれに数値では表わせない心理的な要素も加わってきます。人間には瞳孔の働きがあり、次第に明るさに順応していくことができますが、輝度が高過ぎると不快な「グレア=まぶしさ」となり、瞳孔が狭まり、部屋は暗く感じます。アイセーブCCFLのように輝度が適度であれば空間は華やかな「きらめき感」となります。

フリッカー現象とよばれる点滅がない

スマホのカメラで見ると従来の蛍光灯やLEDなど多くの照明はフリッカー現象と呼ばれる点滅を起こしています。アイセーブCCFL照明は、高周波インバータの採用や力率が高く、CCFLの残光時間も長い為、フリッカー現象がありません。とても疲れにくい見えやすい照明です。

均一に広く配光

LEDは点光源による直線性の強い光で特に真下への光が強い配光特性です。十分な明るさを得るには以前よりも天井にたくさんの本数を並べなくてはいけません。アイセーブCCFLは360度全方位に発光する光源を、反射板で照り返すことで均一な光を広い範囲に効率的に照射しています。

影が自然で視認性が良い

LEDは直線性の強い光の性質ですから照射物に影が強くできやすいのですが、アイセーブCCFL照明は、配光が広く均一で回り込むから影が自然で視認性が良好です。

10年以上安心して使える長寿命40000時間

アイセーブCCFL照明は30年の信頼と実績を引き継いだ長寿命の照明として誕生しました。設計寿命は40000時間ですので一般の企業では10年以上も無交換、ノンメンテナンスで使えます。

消費電力40%削減

アイセーブCCFL照明は、高い省エネ性もあり従来の蛍光灯から約40%の消費電力の削減が可能です。

2020年水銀条例もクリア

アイセーブCCFL照明の水銀使用量は欧州RoHS指令に適合する3mg以下と従来の蛍光灯に比べて約70%も削減しています。また水溶性の無機水銀であるため万が一、人体に取り込んでも無害です。アイセーブ製品はご使用後、通常の産業廃棄物として処分できます。当然、新しい水銀条約にも適合していますので近い将来に市場から無くなる事はありません。水銀条例PDF

紫外線ほぼゼロ

アイセーブCCFL照明は、抗菌効果を生じさせるための微量な紫外線は持つものの、従来の蛍光灯に比べて近紫外線はほとんどゼロに等しい数値です。紫外線による色褪せが無く、また虫が寄り付きにくい特長があります。

紫外線ほぼゼロ

アイセーブCCFL照明は、従来の蛍光灯に比べて、非常に低発熱です。